スローバックサースデイ:インテルの3度目のスクデット獲得

 1930年6月29日、ちょうど87年前の今日、インテルはユヴェントスを倒して3度目のイタリア王者に輝いた。

 ミラノ発 -  今週のスローバック・サースデイは1930年6月29日の出来事を振り返る。その日、ネラッズーリはセリエAを優勝を決め、1910年、1920年に次ぐ3度目のイタリア王者となった。

 インテルはミラノのアレーナ・チヴィカで行われたユヴェントス戦でジョゼッペ・ヴィアニ(32分)とレオポルド・コンディ(67分)がゴールを決めて2-0で勝利を収めた。だが、チームのスター選手は間違いなくジョゼッペ・メアッツァだった。彼はリーグトップの31ゴールを奪っていた。ネラッズーリベンチには先見の目を持つアルパド・ヴァイスが監督としていたが、数年後にナチス・ドイツに殺されてしまった。

 インテルは新記録を打ちたてそのシーズンを終えた:18チームのセリエAで初めて85ゴールを奪ったチームとなった。

 ここをクリックしてインテルの歴史を探してみよう。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  中文版 

Load More