スパレッティ「プライド、一体感、準備はできている」

 2017-18シーズン・セリエA第1節インテル対フィオレンティーナ戦前の記者会見にネラッズーリ監督が出席した。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - リーグ開幕を待つ時間はほぼ終わりを迎えた。ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルは明日20日(日)現地時間20時45分から2017-18シーズン・セリエA第1節を戦う。マウロ・イカルディとその他のインテル選手たちはスタディオ・ジョゼッペ・メアッツァでフィオレンティーナと顔を合わせる。「すべてが再び始まる。私はサッカーファンが見たいと思っているクオリティーを選手たちがしっかりと示してくれることを期待している。サッカーはとても情熱的なんだ。我々は約40日間トレーニングを行い、お互いを知り、朝から晩まで時間を共にした。我々の道を歩き始めているが、どこに辿り着くか分からない。しかし、我々は偉大なるプライド、一体感と共にこの道を歩んで行きたい。そしてファンをこの道へと連れて行く必要がある。彼らはどこでも我々の後ろにいた。これは認知されないといけないことだ」と、ネラッズーリ監督が記者会見場で述べた。

 「私はチームにとって重要な要素と呼ばれているが、ファンたちはエネルギーを直接、選手たちに向けるべきだ。なぜなら、彼らは今シーズンの我々のストロングポイントだからだ。我々にはクオリティーを持った良い選手がいる。難しい時期がやって来ることは理解している。セリエAではどのチームにでも起こることだ。我々の相手チームは血と汗を流し、彼らのスピリットを示して我々に立ち向かってくるはずだ。我々の選手たちは明確なメッセージを送る覚悟ができている。明日、50,000人以上の観客がスタジアムにやって来る。それは非常に重要だ。サン・シーロでの経験は我々にとって特別になる。そのスタジアムで我々は狂気な雰囲気を楽しみ、ファンたちを落胆させてはならない。控え室の中でも、私はファンの心の鼓動を感じたい。そしてファンが満足するパフォーマンスで我々は返答する。我々は真面目に仕事を行っていて、選手たちはこのクラブユニフォームを着る意味を示すだろう。ベストを尽くしたいと思っているし、可能な限り全力でやり遂げるつもりだ」

 先発メンバーに関する戦術的な質問について同インテル監督は、「私には中盤エリアでプレーできる5人の選手がいる:ボルハ・バレロ、ブロゾヴィッチ、ジョアン・マリオ、エデル、ヨヴェティッチ。もし他の選手が起用できるならば、それで私はハッピーだ。チームはバラバラになるべきではないし、団結したグループであり、我々のプレースタイルは連係を重きに置いている。私は決して1人の選手に対して立ち向かうわけではない。すべては全員で共に戦うことなんだ。結果を生むのはチームである。今週初めから私はとても興奮している。だから私は今シーズンへの準備ができている感覚があると言っておきたい。あと、選手も私と同じ気持ちを持っていると言えるはずだ。我々はファンを喜ばすために、大きな目標を達成することを視野にいれる必要がある」

 複数の選手について質問があった。「イカルディの調子はどうかって? マウロは問題ない。彼はおそらく十分なトレーニングと試合時間を行っていない。しかし、我々はリラックスしている。もし彼が95分間、彼のコンディションを保てなかったら、我々をそれを評価するだろう。他にもプレーできる選手はいるし、彼がピッチにいないことを心配する必要はない。ペリシッチ? イヴァンは私とクラブと話し合っている。その話し合い後に後悔したという感覚はない。ペリシッチはほぼいつも練習後に個人トレーニングを行う人物だ。イヴァンは最もプロフェッショナル選手の1人だし、彼のピッチ上での姿勢は、チームに感情を持って戦っていることだけを示している。新加入選手もインテル愛を見せてくれている。私はそれに関して嬉しいよ。チェルシーがカンドレーヴァに興味を持っている? 私は彼をここに留めたいし、クラブも私と同じ考えだ。アントニオはインテルから離れたいというサインを出していない。だから我々は冷静に先のことを考えている」


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  中文版 

Load More