ローマ対インテル戦の統計データ

ローマ対インテル戦の統計データ

 イカルディが開幕から2試合連続ゴールを決め、一方ベシーノはネラッズーリ選手としてセリエA初ゴールを記録した。

 ミラノ発 - ルチアーノ・スパレッティ率いるインテルは今季初のアウェイ戦に臨み、勝点3と共にスタディオ・オリンピコを後にした。ジェコに先制点を許したインテルだったが、イカルディの2ゴールとベシーノの1ゴールで逆転勝利を収めた。

 Opta社の協力の下、今シーズンリーグ戦第2節ローマ対インテル戦のスタッツを紹介する。

 ・昨日のゲーム以前にインテルが最後にアウェイのローマ戦(セリエA)で勝利したのは2008年10月(4-0)。
 ・インテルはこれで直近の公式戦4連勝。
 ・この公式戦4試合でインテルは14ゴールを奪い、1試合平均ゴール数は3.5という数字を残した。
 ・直近2つのアウェイ戦勝利(セリエA)はどちらもスタディオ・オリンピコである(5月のラツィオ戦、昨日のローマ戦)。
 ・マウロ・イカルディは2014年4月以来となる2試合連続2ゴールを記録した。
 ・マウロ・イカルディはキャリア初となるセリエA第1節と第2節でゴールを決めた。
 ・マティアス・ベシーノはセリエA通算10ゴール目を奪った。ローマ戦では初ゴール。
 ・イヴァン・ペリシッチは直近のリーグ戦3試合すべてで少なくとも1つのアシストを達成している。


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版  Versión Española 

Load More