スパレッティ「正しい方法で戦った試合だった」

 ラツィオ戦を引き分けで終えたネラッズーリ指揮官は、「今季は多くの勝点を要する。現段階で我々は目標と共に道を進んでいる」とコメントした。

 ミラノ発 - ルチアーノ・スパレッティはラツィオ戦を振り返った。「今季終わりに多くの勝点が必要となる。今日の試合は強さ、信念、正当なメンタルを持って正しい方法で戦った。チームがこれまで示したパフォーマンスを私は期待していたんだ。今季前半は良かった。我々にはチャンスがあったよ。ストラコシャはペリシッチとボルハ・バレロのシュートを良いセーブで防いだ。インテルは良いゲームをしたと思うし、私は選手たちに賛辞を贈りたい。途中出場したジョアン・マリオとダルベルトのプレーは気に入った。今日のラノッキアとカンセロは本当に卓越していたね。ペリシッチ?彼は得点を奪えなかったが、よくやっていた。彼は個性と良いメンタリティーを持っている。ビデオ判定?大事かどうかは、私が言う立場ではない。このシステムの良い部分と悪い部分を比較することは出来ないよ。移籍市場?インテルのようなチームにいたら、どこにも言い訳はない。しかし、結果が伴っていれば現在いる選手たちを称賛しなければいけない。今、チームは我々の目標と共に道を進んでいる」


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  中文版 

Load More