インテル・メデイアハウスのインテルベルがクリオスポーツ賞2部門で受賞

 インテルの2017年、クリスマスキャンペーンが2部門で賞を受賞した。

 ミラノ発 - 世界で最も権威のあるスポーツ広告賞の1つ、スポーツクリオ賞においてFCインテルナツィオナーレが行ったクリスマスキャンペーンの質と業績が評価された。

 インテル・ベルはクラブのソーシャルメデイアを通し告知され、2017年12月16日にスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで開催されたインテル対ウディネーゼ戦開始前に50,000以上にのぼるインテルファンと共に合唱されたネラッズーリによるクリスマスソングだ。

 インテル・メディアハウスはソーシャルメディアを通し、選手たちが面白可笑しくクリスマスソングを歌う一連のビデオを公開。ビデオにはカラオケ形式で歌詞が表示され、スタジアムへ足を運び共に合唱へ参加するように呼びかけた。

 同キャンペーンは大成功に終わり、インテルはクリスマス期間中全イタリアリーグチームのなかで最多観客動員数を記録、また顧客定着率においてもレアル・マドリードに次ぐ欧州第2位に位置することとなった。

 この事実とメディアストラテジー及びアイデアがクリオスポーツ賞審査委員会に評価され、ライブ&エクスペリメンタル部門で銅賞、またソーシャルメディア&マルチプラットフォーム部門で銀賞を授与された。

 FCインテルナツィオナーレ・ミラノのコミュニケーション部門責任者であるロベルト・ファルクナーは「クリスマスは最も動員が難しい時期に当たる。クリスマスソングを用いてこの目標を達成するのは実に野心的な試みだといえるだろう。インテル・ベルによりインテル・メディアハウスの名声、また効率的に重要なソーシャルメディア・コンテンツを作り上げる実力が国際的に認知された。50,000人の人々が声を合わせ歌ったという事実により、正しい方向に向かっているという最も具体的な確証を得るに至った」とコメントした。

 ファルクナーは更に「インテル・ベルは国際的なインパクトを与えた地域的なイベントだった」と続け、「この企画はスタディオ・メアッツァに訪れるファンと対象としたものだったが、世界中の誰もが関心を引かれ今回のような明白な実績を残すに至った」と語った。

 インテル・メデイアハウスは順調な発展を遂げ、クリオスポーツ賞を皮切りに、クラブはこの先も実績を評価されるだろう。授賞式は2018年5月21日、ニューヨークにおいて行われる。


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española 

Load More