ルガーノ 0-3 インテル:ネラッズーリが#110SummerCupを勝ち取る

ルガーノ 0-3 インテル:ネラッズーリが#110SUMMERCUPを勝ち取る

 ラウタロ・マルティネスとヤン・カラモウのゴールでネラッズーリが#InterPreSeason初勝利を収めた。

 ルガーノ発 – ルチアーノ・スパレッティ率いるチームは14日(土)、プレシーズン最初の試合である110サマーカップに臨み、3-0でルガーノを倒した。ネラッズーリは前半のラウタロ・マルティネスの先制ゴール、そして後半にヤン・カラモウが2得点を奪った。スパレッティは4-2-3-1を採用し、GKパデッリ、DFラインはダンブロージオ、ラノッキア、デ・フライ、ダルベルト、守備的MFガリアルディーニ、エマーズ、右にポリターノ、左にカンドレーヴァ、ナインゴランがトップ下。1トップにはラウタロが起用された。

 ネラッズーリは試合序盤から積極的にプレーし、攻撃の糸口を見つけ出す。右CKから流れたボールをダンブロージオが押し込むもオフサイドの判定。その後すぐにパデッリがファインセーブで止めるシーンがあった。

 だが16分に均衡が破れる。ナインゴランのパスをボックス内で受けたラウタロがシュート。一度は相手GKに止められるも、跳ね返ってきたボールを流し込んでインテルが先制する。その後もエル・トロに再三チャンスが訪れたが活かすことが出来ず。

 後半開始からパデッリ、ラノッキア、エマーズ、ダルベルト、ラウタロがベンチに退き、ハンダノヴィッチ、シュクリニアル、アサモア、ボルハ・バレロ、カラモウがピッチに入った。そしてインテル背番号7が試合を決める活躍を見せつける。まず50分にポリターノのパス、相手選手のミスからゴールを決めると、5分後にはカンドレーヴァのスルーパスに反応して最後は相手GKの股を抜いたシュートでドッピエッタを達成する。

 試合終盤、スパレッティはインテル若手選手たちに出場機会を与えた。だがスコアはそのまま動くことなく、インテルが危なげなく勝利を収めた。


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  中文版  English Version 

Inter 1 Genoa 0 Video Highlights

Load More