ケイタ「常にインテルに魅了されていた」

 同セネガル人FW選手が記者会見に登場した。「スパレッティはここへ来る僕の決断の中で重要な役割を担っていた」

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - 今夏新加入選手ケイタ・バルデ・ディアオが今日、蘇寧トレーニングセンターで記者会見を行い、ジャーナリストからの質問に答えた:「このクラブの歴史は常に僕を魅了していたよ。インテルは僕が小さい頃からずっと好きだったチームだった。インテルに加入できるチャンスがあるなら、Noと言うのは難しい。僕はモナコでの時間を本当に楽しんだけど、僕をここに連れて来てくれたネラッズーリに感謝したい。セリエAはタフなリーグ、僕が既に知っているリーグ、僕が成長できるリーグだよ」

 同セネガル人アタッカー選手はスパレッティとの関係性に関して話した:「スパレッティのことは前から知っていたし、ここへ来る僕の決断の中で重要な役割を担っていた。彼には素晴らしい経験があり、セリエAのことを熟知し、全員が彼をとても高く評価している。僕はここにいれて同指揮官と一緒に働けて嬉しい。僕のポジションに関して言うと、前線ならどこでもプレー可能だ;ウィング、またはセカンドフォワード、トップ」

 今季のネラッズーリのスタートについて、ケイタは「僕らはトリノ戦への準備は出来ている。レッジョ・エミリアでの敗北は僕らの目標に変化を与えない。僕らは偉大なチームだし、自分たちの能力を分かっている。スクデットのために戦う?自分たちが良いパフォーマンスと毎試合で勝利することを考えないといけない。そして今季終了時に僕らがどの順位にいるか見てみようじゃないか」


English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana 

Load More