スパレッティ「我々にはまだ改善の余地がある」

スパレッティ「我々にはまだ改善の余地がある」

 対PSV戦勝利後、ネラッズーリ監督は「我々は高い位置にいる時はゲームをよくコントロールしていた。ナインゴランを祝福する」と述べた。

 アイントホーフェン発 – 1-2で勝利したPSV対インテル戦後、ネラッズーリ監督のルチアーノ・スパレッティはSkyのインタビューにて、「彼らはとてもフィジカルが強く、ヘディングも得意だ。我々は忍耐が必要な時間と攻撃に出るべき時間を正しく選んだ」と述べた。

 「ナインゴランを祝福したい。それというのも、彼が以前のレベルに戻り、インテンシティの高い試合に耐えられるようになったからだ。ポリターノも良い試合をしていた。ボールの扱いに関してはミスがあった、我々は低く下がりすぎて相手のウィングにスペースを与えてしまった。高い位置にいる時はボールと試合をコントロールすることができた。我々にはまだ改善の余地がある」

 「イカルディ?彼にはペナルティーエリアでの才能がある。試合の終盤でそうしていたように、チームが難しい状況から抜け出すために、時にはもう少し下がらなければならないかもしれない」

 


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  Versión Española  中文版 

Load More