イカルディ「最後までチームを助けようとした」

イカルディ「最後までチームを助けようとした」

 ネラッズーリ主将は決勝ゴールを決めたPSV戦後、「終盤で監督が僕を下げたのは正しかった。あの結果を守らなければならなかった」と振り返った。

 アイントホーフェン発マウロ・イカルディがSkyの特別インタビューで、自身のゴールで勝利を手にしたPSVとのアウェイ戦について語った:「監督は自分の仕事をした、終盤で監督が僕を下げたのは正しかった。僕はチームのために最善を尽くし、常に助けようとした。最後は、僕たちはこのリードを守らなければならないとわかっていた。彼らはペナルティーエリア内目掛けてボールを上げるのがうまかったし、僕たちは守らないといけないとわかっていた。僕は最も良い形でチームを助けようとしたんだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  Versión Española  中文版 

Load More