UCL:スパレッティ「インテル対バルセロナは我々の価値を証明する機会だ」

 ネラッズーリの監督は本日5日に行われた記者会見で次のように発言した:「彼らは存在する限り最も高いレベルでの難しい課題だ」

 ミラノ発 - ルチアーノ・スパレッティは5日(月)の正午、6日(火)開催のチャンピオンズリーグ開催のFCバルセロナ戦前記者会見で、集まったメディア関係者に対し以下のようなコメントを発した:「我々は常にどの対戦相手にも通用すると口にしてきた。チームが現在パフォーマンスと結果の2つの点で好調を維持していることは、我々が本当にどのチームにも通用すると考えるに値するだけの機会を与えてくれる。バルセロナは存在する最も難しいレベルでの難敵だ」

 可能性が高まるメッシの出場について、スパレッティは次のように言及した:「彼らはメッシ以上に、強いチームメンタリティを有している。彼はケーキを飾るさくらんぼに過ぎずない。彼はサッカー選手を目指す全ての子どもたちのアイドルで、世界最高の選手の1人だ。だがバルセロナは既に世界最高のチームの1つであることを証明してきた。第1戦で我々は試合を覆すに十分なボールキープができなかった。明日、我々はポゼッションに関してもっとうまくやる必要がある。彼らは相手チームがポゼッションをすることを嫌うからだ。我々はキャラクターとクオリティを見せ、スペースを作り出さねばならない」

 また同監督はここ数週間でチームが遂げた成長について振り返った:「1年半前、我々の旅を始め正しい方向へ向かって進んでいる。どうプレーすべきかというアイデアを持ち、それをピッチ上で実践しまた改良し続けてきた。そのためこのアイデアは我々が持つ後天的な性質へとなりつつある。既に我々が求めてきたレベルまでほぼ達している。バルセロナはサッカーに限らず、全ての監督にとって重要な意味を持つ。我々は継続して成長を続け、より良いプレー、より良いサッカーをするために努力を続けている。グループステージ突破は我々にかかっており、完全に集中し正しい姿勢で取り掛かり必要がある」

 締めくくりに同監督はラジャ・ナインゴランのコンデイションについても発言した:「彼は今日のトレーニングに参加する。彼はジェノア戦で10分間プレーし、我々の判断する材料となった。彼は守備的MFとしてプレーする術を心得ており、中盤で指揮をとることが可能だ。彼のクオリティ、剛さ、相手に与えるプレッシャーは彼らのプレーを妨害することができる」


Versión Española  Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  中文版 

Load More