コッパ・イタリア、スパレッティ「熟練されたチームで奪った勝利」

 コッパ・イタリアで勝利したインテル指揮官のコメント:「我々の姿勢は正しかった。無観客試合?観客がいなければ試合ではない」

 ミラノ発 - ルチアーノ・スパレッティにとって良い年始めとなった。インテルは今季コッパ・イタリア・ベスト16のベネヴェント戦で6-2の圧勝を収め、同大会ベスト8進出を果たした。試合後のインテル監督のコメント:「成熟さに関して言えば、我々は大きな進展を示したから、私は満足している。同試合に向けた我々の姿勢は正しかったよ」

 ほぼ無観客試合となった同ゲームについて:「観客なしの試合は本当に適切ではない。スタジアムのスタンドが空っぽ時は壮観ではないね。我々は子供と家族たちに優先権を与えるのを試みる必要がある。クリスマス後の試合で我々は彼らがスタジアムを埋めていたのを見た。他の人々が混乱を引き起こすからといって、ちゃんとした人々から楽しさを奪うことは出来ないと思う。我々はサッスオーロ戦で多くの子供たちが足を運ぶことが嬉しい - これは大事なメッセージだ」

 そして再び今夜の試合について:「これまで出場時間が少ない選手たちでも準備が出来ていた。これは我々のメンタリティーレベルが高く保たれていたという意味だよ。リードを奪っ時、我々の集中力はあまり良くなかった。だが相手のパフォーマンスが原因だったのもあったね」


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版 

Load More