ダンブローシオ「怒りに満ちたまま、トリノへと乗り込む」

ダンブローシオ「怒りに満ちたまま、トリノへと乗り込む」

 ネラッズーリのCBがスカイんpインタビューに応じた:「僕らはサッスオーロに勝たねばならなかった。今は取りこぼした勝点を奪わねばならない」

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - メアッツァ開催のサッスオーロ戦をドローで終え、インテルはダニーロ・ダンブローシオが言う様に27日(日)トリノで行われるアウェイ戦で取りこぼした勝点を奪う必要がある:「僕らはトリノへ怒りと共に乗り込むことになるだろう、観客がいようといまいとサッスオーロには勝たねばならなかったからね。今僕らは取りこぼした勝点を何が何でも奪う必要がある。グラナタはホームだでもアウェイでもタフな対戦相手であるkことに変わりはない。国際舞台で活躍できる多くの素晴らしいFWを擁しており、中盤にはセリエAで経験豊富な選手が揃っている。だからこそ彼らは難しい対戦相手だ」

 シーズンの目標とパフォーマンスに関してチームが目指すものは明白だ:「僕らにとって3位終わるのと4位で終わるのには違いがある。チャンピオンズリーグ圏内といったとき僕らが考えるのは3位以内だ。これからシーズン終了までにナポリを追い越すことが僕らのメンタリティでなければならない。自信は勝利から生まれる - 勝利を重ねれば、自信は深まる。このチームは3つの大会を戦うための準備がある - そこに疑いの余地はない。僕らはコッパ・イタリア、ヨーロッパリーグで決勝まで進みたいと思っている」

 インテルのDFは将来の展望についても語っている:「僕は1日ごとに考えているけど、クラブが僕との契約更新を望むのであれば、喜んでサインするよ。シーズン終了時に僕を幸せにするものは何かだって?トロフィーだよ!」


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  中文版  Versión Española 

Load More