LionRock CapitalがFCインテルナツィオナーレ・ミラノS.p.A.の株式31,05%を取得

LIONROCK CAPITALがFCインテルナツィオナーレ・ミラノS.P.A.の株式31,05%を取得

 LionRock Capitalがインテルの第2位株主となった。

 ミラノ発 - FCインテルナツィオナーレ・ミラノS.p.A.はLionRock CapitalがInternational Sports Capital HK Limitedとの合意に至り、同クラブの株式31,05%を保有することをお知らせする。これによりLionRock Capitalはインテルの少数株主となった。

 新しいインテルファミリーLionRock Capitalを歓迎すると共に、インテルのピッチ内外における更なる発展に向けた蘇寧グループのサポートに期待している。クラブはエリック・トヒア氏の貢献に謝意を表すと共に、今後の成功を心からお祈りする。

 FCインテルナツィオナーレ・ミラノ会長のスティーヴン・チャンはとの取り引きについて次のコメントを発した:「我々は2018年、全職員、マネージメント、コーチ陣と選手の努力により競技面での成功、商業的な成長、およびマーケティングとメディア面での革新を遂げた。これはクラブの更なる躍進へ向けて大きな自信をもたらし、LionRock Capitalの興味を呼び起こす結果ヘと結びついた。このパートナーシップに加え、我々はそれ以上の世界的なスポーツ、また取引関係を確立したいと考えている。パートナーと共に我々の最終目標に向かって邁進するつもりだ - ピッチ内外でインテルを世界屈指のクラブの1つに押し上げ、数多くのインテルファン達へ可能な限り素晴らしい体験をお届けしたいと考えている」

 「我々は商業的、また競技面での成長に関し非常に楽観的な姿勢を崩さず、サッカー界における110年以上にわたる歴史と世界的な影響をもつFCインテルナツィオナーレ・ミラノは成長の可能性を秘めている。LionRock Capitalはピッチ内外で世界トップクラブの1つになるというインテルの主要目的をサポートするため尽力を惜しまない」とLionRock Capitalの創設者でありマネージングディレクターのダニエル・カー・ケウン・チョンは語った。


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  Versione Italiana  中文版 

Load More