スパレッティ「結果は個人ではなく、チームが出すものだ」

 アウェイのトリノ戦を控え監督が試合前記者会見に出席した:「1人の選手のおかげで重要な結果を出すことはできない。これはチームスポーツだ」

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - トリノとの試合を明日に控えた26日(土)、ルチアーノ・スパレッティが恒例の試合前記者経験に出席した。

 「今週を通して、良い仕事ができた。実践に移すために全ての準備を行う時間があった。移籍市場について話すのは連戦が続くこの難しい局面で私の集中力を妨げることになる。トリノは強さ、またフィジカルを強調した競り合いを中心にした試合を行う。彼らは手強く、良いチームだ。良い監督を擁する強いクラブだ。自分たちの力をこれまで以上に示すことが確実に要求されるだろう、試合に順応する準備が必要となる」

 「クラブが強くなるために常に努力を続けていることを嬉しく思う。我々の歴史と我々のファンはそれに値するからだ。ファンは我々が更に強いチームをつくりあげるための答えだ」

 「選手個人ではなく、チームにはもっと期待をかけている。CL圏内へ導いてくれるのはイタリアリーグにおける1選手ではない。全員が常にベストを尽くさねばならない。これはチームスポーツだ。個人競技ではない」 

 「イカルディは良いシーズンを送っており、彼持つクオリティに見合う仕事をしている。ペリシッチ?彼は移籍市場が開いている間常に話題に上る。彼は良い選手で誰もが自分のチームに彼のような選手を求めているからね。選手として彼は自分の仕事を理解しており、常にしてきたことを続けるように努めている 」

 「火曜日の午後練習でポリターノは問題を抱え、この件に関しては日々様子を見ることが重要だ。今日もう一度様子を見るが、我々は彼が出場可能だと確信している。ダルベルト?彼は非常に強い、芯のある選手だ。彼の担う役割において持てる実力を存分に発揮するよう許可する機会を我々は得た。ダルベルトは我々の未来を担う選手の一人だ」

 「セドリック?誰もが彼について知っている。彼はヴルサリコの現状と関係がある、彼(ヴルサリコ)はインテルと所属先のアトレティコ・マドリードでどうすべきか検討している最中だ」


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版 

Load More