UEL:カンドレーヴァ「可能な限り先に進みたい」

 ヨーロッパリーグでの対戦の前日、ネラッズーリのウィングが「明日の試合は重要だ、誰もが良いプレーをしたいと願っている」と語った。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - ヨーロッパリーグのラピード・ウィーン戦2ndレグの前日、アントニオ・カンドレーヴァがルチアーノ・スパレッティと共に試合前記者会見に出席した。

 「この大会を気にかけてきたから、次ラウンドに進出することは重要だ。僕たちはインテルだ、可能な限り先に進みたい。明日は難しい試合になると予想している。全ての試合に強い決意と正しいアプローチで臨まなければならない。これまでに出場機会が少なくて、実力を示したいと思っている選手にとっても、明日は重要なゲームだ」

 イカルディとラウタロ・マルティネスのスタイルの違いについて質問を受けたカンドレーヴァは、次のように説明した:「イカルディとラウタロは違うタイプのフォワードだ。マウロはよりペナルティーエリアで強さを発揮するタイプで、ニアポストでボールをもらおうとする。それに対してラウタロはより多くのチャンスを作り、エリアのどこでもボールを得ようとする」

 また、昨季を振り返ってどこか変更したい点があるかと聞かれると、カンドレーヴァは「変えたいことは、昨年は得点できなかったという事実だ。だから数ヶ月前に戻って、チームとチームメイトのために重要なゴールを決めたい」と答えた。


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versión Española 

Load More