インテルが101分に追いつかれる:フィオレンティーナ戦は3-3で終了

インテルが101分に追いつかれる:フィオレンティーナ戦は3-3で終了

 スタディオ・フランキでの一戦は乱打戦となった:フィオレンティーナが試合終了直前に同点弾を獲得。

 フィレンツェ発 – 今季セリエA第25節フィオレンティーナ対インテル戦では、ありとあらゆる出来事が起きた。同試合の先制ゴールは1分に生まれ、最後のゴールは主審のVAR判定後の101分に決まった。この結果、勝点1を積み重ねたインテルは今季セリエA第25節を終えて勝点47で3位を維持。だがACミランとの勝点差が2、ASローマとは3ポイント差に縮まった。

 キックオフ直後、ホームチームはチェッケリーニのロングパスをインテル守備陣の裏で受けたキエーザがゴール前に走り込んだシメオネにパス。だがシメオネをマークして並走していたステファン・デ・フライの足に当たってゴールネットを揺らした(1分)。だがその5分後にインテルが試合を振り出しに戻す。右CKのクリアボールをナジャ・ナインゴランがダイレクトでゴール前に浮き球のパス。そこに古巣対戦となったマティアス・ベシーノがダイレクトボレーで合わせ、ヴィオラGKラフォントの手を弾いたボールはゴールに吸い込まれた。ゴール後、数分間VARで確認され、試合は一時中断したがベシーノの得点は認められた(6分)。その後はフィオレンティーナが試合の主導権を握り、主に右サイドから攻撃を組み立てるも、フィニッシュの場面までいけず時間が過ぎていった。前線から激しいプレスを続けたヴィオラは28分、ダルベルトのパスミスから最後はジェルソンがボックス中央手前で左足シュートを放つ。だがボールはゴール左に外れ、インテルは肝を冷やす。一方でインテルはゴールから距離のある敵陣左サイドからのFKをマルセロ・ブロゾヴィッチが直接狙うがGKラフォントはCKに逃れた(35分)。徐々にリズムを掴み始めたインテルは前半40分に逆転に成功する。右サイドでダニーロ・ダンブロージオからパスを受けたマッテオ・ポリターノがカットインから得意の左足を一閃。凄まじい速さでヴィオラゴールへ飛んだボールはGKラフォントの手を跳ね飛ばし、ゴール右ポストを叩いてゴールに入った。試合を引っくり返されたフィオレンティーナも前半アディショナルタイムにキエーザがボックス手前で際どいシュートを打つもスコアは動かせず。最悪のゲームスタートを切ったネラッズーリは1点リードを奪ってハーフタイムを迎えた。

 両チーム交代なしで始まった後半もすぐに得点が生まれる。51分、主審アビッソが試合を一時中断し、ワンプレー前のブロゾヴィッチのFKシーンをVARで確認した。そしてボックス内でフェルナンデスが腕でクリアしたことを見た同主審はインテルにPKを与える。PKキッカーはペリシッチが務め、落ち着いてゴール左隅に沈めた(52分)。だが反対にフィオレンティーナも攻撃に出た:右サイドからのクロスのこぼれ球をビラーギが弾丸シュートでゴールを奪う。しかしVAR判定でゴールシーンの前に途中出場ムニエルがダンブロージオにファールをしたとして取り消しとなった(60分)。それでも意気消沈した姿を見せず闘志を示し続けたヴィオラはムリエルがゴールから約25mの位置でのFKを直接ゴール左上に叩き込んで、ホームチームは1点差に詰め寄る(74分)。さらに勢いに乗ったフィオレンティーナは86分にキエーザが左サイドからドリブルで左足を振り抜く。強烈なシュートはインテルゴールを襲ったがゴール右ポスト横を通過した。そして後半アディショタイムは7分と表示される。しっかりと守備を固めていたインテルだったが90+6分、キエーザのパスをボックス内でダンブロージオが腕で止めたとしてフィオレンティーナにPKが与えられる。ネラッズーリ選手たちに抗議された主審アビッソはVAR判定に切り替えた。だが3分間を要したVARでもPKのジャッジは覆らず。その後のPKはヴェレトゥがゴール左隅に決め、土壇場でフィオレンティーナがスコアを3-3とした。最後にネラッズーリは左サイドのFKからラストチャンスを得るがクリアされ、試合終了を迎えた。

フィオレンティーナ 3-3 インテル(前半1-2)
得点者:
デ・フライ(1分、OG)、ベシーノ(6分)、ポリターノ(40分)、ペリシッチ(52分、PK)、ムリエル(74分)、ヴェレトゥ(90+11分、PK)

フィオレンティーナ:1 ラフォント;2 ラウリーニ(14 ダポ 79分)、5 チェッケリーニ、31 ウーゴ、3 ビラーギ;24 ベナッシ(29 ムリエル 58分)、 26 フェルナンデス、17 ヴェレトゥ;25 キエーザ、9 シメオネ(10 ピアツァ 58分)、8 ジェルソン
ベンチ:23 テラッチャーノ、33 ブレンコリーニ、4 ミレンコビッチ、6 ノルガールド、16 ハンコ、27 グライツィアル、
監督:ステファノ・ピオリ

インテル:1 ハンダノヴィッチ; 33 ダンブロージオ、6 デ・フライ、37 シュクリニアル、29 ダルベルト(18 アサモア 62分);8 ベシーノ、 77 ブロゾヴィッチ; 16 ポリターノ(87 カンドレーヴァ 77分)、14 ナインゴラン(20 ボルハ・バレロ 89分)、44 ペリシッチ: 10 ラウタロ
ベンチ:27 パデッリ、5 ガリアルディーニ、13 ラノッキア、15 ジョアン・マリオ、21 セドリック、23 ミランダ
監督:ルチアーノ・スパレッティ

イエローカード:ナインゴラン、シュクリニアル、ポリターノ、ラフォント、ブロゾヴィッチ、ダポ
アディショナルタイム:3+13分

主審:アビッソ
副審:パッセリ、モンディン
4審判:パスクア
VARファッブリ、アラッシオ


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versión Española 

Load More