ハンダノヴィッチ「最後に起きたことに腹が立っている」

 フィオレンティーナ戦後に同スロベニア人GK選手がコメントした:「ダンブロージオはファールされていた、あれはハンドではない。これからカリアリ戦に集中する」

 フィレンツェ発 - フィオレンティーナ対インテル戦終了後、サミル・ハンダノヴィッチが同試合を振り返った:「僕らは怒っている。最後に起きたことは誰もが目にしたはずだ:まずダンブロージオはキエーザにファールされていた。そしてボールは彼の腕に触れていない。全員が明確に目で見えることだよ。今日は正しいスピリットを持ってプレーし、連勝記録を伸ばしたいという欲求を示した。イカルディに関してずっと話すことはできない。ムリエルのフリーキックに関しては、おそらく強い風上が彼のシュートを助けた。あの得点で彼らは息を吹き返したよ。そして僕らはリズムを落とし過ぎて、数回ミスを犯した。今日、勝点3を手にしたかったね。今日の出来事は残念だ。これから次の試合について考えるよ」


Versione Italiana  中文版  English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia 

Load More