インテル対SPAL戦の統計データ

インテル対SPAL戦の統計データ

 今季セリエA第27節インテル対SPAL戦の統計データ。

 ミラノ発 - Opta社の協力のもと、10日(日)サン・シーロで開催されたインテル対SPAL戦の重要なスタッツを集めた。

 ・インテルはSPAL戦でわずか5本のシュートしか打たれていない。今季セリエAの中で最も少ない数字。

 ・今季セリエAでユヴェントス(14)だけがインテル(13)より無失点試合が多い。

 ・インテルはセリエA直近11試合のホーム戦で9勝1敗1分。

 ・インテルがセリエA直近8試合のホーム戦で挙げたゴールは全て後半に生まれた。

 ・SPALはセリエA直近6試合で僅かに勝点2しか獲得していない。同時期ではどのチームよりも勝点獲得数が少ない。

 ・インテルはSPAL戦で最初の枠内シュート2本で2得点を奪った。

 ・ポリターノは出場したセリエA直近3試合のうち2試合で1得点を記録。インテル加入後出場した最初の22試合と同じ得点数である。

 ・ポリターノが今季セリエAで決めた4ゴールのうち3ゴールがホーム戦で生まれた。

 ・ガリアルディーニは今季リーグ戦で3得点を奪っており、セリエAの1シーズンで個人最多記録。

 ・ガリアルディーニはセリエA通算5得点のうち4得点をホーム戦で決めている。


中文版  Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More