エスポジト「デビューの夢は叶ったが、敗退にがっかりしている」

エスポジト「デビューの夢は叶ったが、敗退にがっかりしている」

 ネラッズーリ期待の若手選手にとって、忘れられない夜となった:「この機会に、監督やスタッフ、クラブの全ての人たちに感謝したい」

 ミラノ発 - 3月14日(木)の試合の結果、ヨーロッパリーグ敗退となったインテルだが、この夜にはポジティブな出来事もあった。セバスティアーノ・エスポジトが16歳255日でデビューを飾り、クラブ史上最年少でヨーロッパの大会に出場を果たしたのだ:「デビューの夢は叶ったが、チームが負けてしまい、結果にとてもがっかりしている。この機会に、監督やスタッフ、クラブの全ての人たちに感謝したい。これからもっと多くのチャンスを掴めるように願っているよ。僕たち全員に試合に勝つポテンシャルがある。少し運が足りなかったが、リーグで掲げた目標を達成するために戦い続けなければならない。一度ピッチに立ったら、試合以外のことは考えられない。今日は計画したようにはいかなかったが、デビューできて素晴らしい気持ちだ。僕の目標に到達するためにハードワークを続けるよ。このユニフォームを着てデビューを果たしたと考えると、肌が粟立つような感覚がする」


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版  Versión Española 

Load More