スパレッティ「ミスが多すぎたし、すぐにナーバスになってしまった」

 アイントラハト戦後、インテル監督は「選手間の距離がすぐに広がってしまい、それが対戦相手に有利になった」とコメントした。

 ミラノ発 – アイントラハト・フランクフルトに敗れ、ヨーロッパリーグ敗退が決まった後で、ルチアーノ・スパレッティが試合を振り返った:「今日は全てが少しずつ足りなかった。すぐにバランスを失ってナーバスになってしまい、それが対戦相手に有利になった。それに我々は高い位置でボールをキープすることができなかった。ケイタの起用は少し急ぎすぎたかもしれない。彼は最近あまり試合に出ていなかったので、リズムを取り戻すのは彼にとって容易ではなかっただろう」

 「スペースがあった時も、具体的なチャンスを作ることができなかった。先制点を奪われた後は、その失点の埋め合わせをしなければならなくなり、更にナーバスになってしまった。試合の立ち上がりは難しく、挽回しようとした時には良いプレーができなかった。それにポジション間の距離の取り方も悪かった。もっと長い時間コンパクトに保てたかもしれなかったが、攻撃の際に混乱してしまい、チームとしてよりも個人としてプレーしていた」

 最後に話題は日曜日夜に行われるダービーに移った:「今日よりも良くやる必要があるし、自分たちができるということをもっと強く信じなければならない。この試合を振り返り、何が起こったか分析するつもりだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版  English Version  Versión Española 

Load More