マテラッツィ、スタンコヴィッチが#DERBYMILANOの興奮を語る

 インテル・フォーエバーレジェンドの2人がお気に入りのダービーの思い出を話し合った。

 ミラノ発 - 彼らの名前は#DerbyMilanoの歴史に刻まれている。リーダー、戦士、ゴールスコアラー、違いを作り出す選手。デヤン・スタンコヴィッチとマルコ・マテラッツィは常にミラノダービーでインテルスピリットを代表してきた。彼らは記憶に残るゴールを奪い、頭と心の中でたった1つの気持ちを持って終わりまで戦い、ミラノで喜ぶ権利を勝ち取るために全力を尽くした。両者とも3月17日(日)ミラノダービーで着用されるインテルxナイキ20周年記念ユニフォームの発表イベントで、ACミランと対戦する意味についてインテルTVに語った。

 デヤン・スタンコヴィッチは自身のお気に入りのダービーについて尋ねられ、忘れられない思い出を語り始めた:「最高のミラノダービー? 自分たちが勝ったすべての試合だ。最初に思い出すのは2005年12月11日、アディショナルタイムにアドリアーノのヘディングゴールで3-2の勝利を手にした試合だ。素晴らしい試合だったよ。4-3で勝利した試合は常に覚えている。支配していたゲームだったが、最後まで闘いきる必要があった」

 しかし、2009年にデキがトップコーナーに弾丸シュートを叩き込んで4-0の勝利を掴んだ試合を振り返らないこと不可能だ。「本当に支配していたその試合は壮観だったよ」 その日、チームは獰猛さを示した。そして、デヤンはダービーに向けた準備方法を説明した。「モチベーションは自ずとやって来る。試合の重み、重要性、その試合での責任を感じ取れる。そして勝つことを唯一の目的としてピッチに入るんだ」

 マルコ・マテラッツィは忘れられない違うダービーを語った:2006-07シーズン、同氏がチーム4点目を決めて4-3の勝利を掴んだダービー。「ダービーは常にダービーだ。自分はユヴェントス戦によりモチベーションが高かったかもしれないが、この試合は強い感情を与える。勝利したACミラン戦の全試合が良かった。ベンチを温めて終わったが4-0で勝利した試合でもだ」

 過去から現在のミラノダービーをマテラッツィが分析した:「ロッソネッリは強化された。なぜならガットゥーゾが監督になり、チームが12人でプレーしているように見えるからだ。ピョンテクはどのボールでも戦うが、他の全選手のおかげでチームの一部としてゴールを量産している。インテル選手たちはすべきことを分かっているよ」


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版 

関連ニュース

Load More