ACミラン 2-3 インテルの統計データ

 17日(日)ミラノダービーに関する最も興味深いデータを紹介する。

 ミラノ発 - Opta社の協力のもと、セリエA通算170回目のミラノダービーに関する重要なスタッツを紹介する。

 ・インテルは1999年(10試合)以降初となるセリエA直近6試合のミラノダービーで無敗。

 ・ACミランは2018年8月のナポリ戦以来初となるリーグ戦1試合で3失点を喫した。

 ・この試合で5得点が生まれた:2006年10月のセリエAミラノダービー(7得点)以降では最多得点数。

 ・インテルは2011-12シーズン・セリエA以来初となるACミラン戦シーズンダブルを達成した。

 ・ベシーノは2011年4月(当時ACミラン選手だったパト、開始43秒)以降では最速となるセリエAミラノダービーでのゴールを記録した。

 ・ベシーには今季リーグ戦2得点を決めているが、どちらとも試合開始6分以内に奪った。

 ・インテルはセリエA直近10失点のうち7失点をセットプレーから喫している。

 ・ラウタロはインテル選手として2度目となる1試合1ゴール1アシストを記録。1度目は2018年11月(対フロジノーネ戦)。

 ・ラウタロはセリエAミラノダービーデビュー戦でゴールを決めたインテル選手となった。アントニオ・カンドレーヴァ(2016年11月)以来初。


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  English Version  中文版 

Load More