インテルが #DERBYMILANO を支配し始める

2012年の初めてのシーズンダブル以降、インテルのダービーでのポジティブな傾向が続いている。

 ミラノ発 - #DerbyMilanoは常に緊張と興奮をもたらすものだが、そのうちの何試合かは本当に忘れられない一戦となった。これから圧倒的な強さを誇った勝利や、紙一重で手に入れた勝利を振り返ろう。まず手始めに思い返すのは日曜日夜の勝利だ。順当な勝利といえるが、アディショナルタイムのダンブロージオの素晴らしいゴールライン際でのクリアがインテルの勝利を守った。

 #DerbyMilanoでの勝利は近年習慣になりつつある。インテルはセリエAのACミラン戦直近6試合で負けなしだ(3勝3分)。この連続記録は2016年11月に始まった。2-2で引き分けたこの試合では、終了間際にイヴァン・ペリシッチが同点ゴールを決めたほか、ハンダノヴィッチが素晴らしいセーブを連発してロッソネリの得点を阻止した。セリエAで行われたダービー直近16試合で、インテルは8勝6分を記録している。

 インテルが前回シーズンダブルを達成したのは2011-12シーズンのことだ。インテルは1度目のダービーでミリートのゴールにより0-1で勝利すると、シーズン2度目の対戦ではプリンシペのハットトリックとマイコンの見事なゴールで快勝した。3月17日(日)の#DerbyMilano に2-3で勝利したことで、これまでのセリエAでのダービーの戦績はインテルの勝利は64、ミランの勝利は51、そして引き分けは55試合となった。ミラノはインテルの街だ!

 ネラッズーリのポジティブな傾向は、日曜日の試合での3ゴールで今後に続くことになった。先制点を記録したのはマティアス・ベシーノだが、この試合開始後2分32秒でのゴールは2011年以降の#DerbyMilanoで最速のゴールとなった。これはベシーノにとってACミランから奪った初めてのゴールだった。同じことはデ・フライとラウタロ・マルティネスにも言える。エル・トロはこの#DerbyMilanoで1ゴール1アシストを記録した。同じ条件の試合でこのような記録を出した選手は多くない。ラウタロ以前にダービーデビュー戦でゴールを決めたのは、2016年のカンドレーヴァだ。


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  English Version  中文版 

Load More