インテル・メディカルミーティングにて:ヴォルピ「我々は世界中の専門家とディスカッションを行った」

 昨年に続いて行われた第2回目のミーティングで、メディカル部門ディレクターはイカルディ、ナインゴラン、デ・フライのコンディションについて語った。

 ミラノ発 – 昨年に続いて行われた2回目のインテル・メディカルミーティングは大成功に終わった。このミーティングはProf. ピエロ・ヴォルピによってスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァのエグゼクティブホールで行われ、スポーツ医学における様々なテーマについて話し合うために400人以上の専門家が集まった。ネラッズーリのメディカル部門ディレクターは、「昨年に続き、我々はサッカーにおける医学の適用についていくつかの重要なポイントを強調したかった。例えばトップレベルの選手の40~50%にかかわる筋肉系の負傷や、このレベルの選手たちにとってもう1つの大きな問題となる半月板損傷が挙げられる。このテーマに関する意見や経験の交換のために、国際的な専門家やバルセロナ、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマンから関係者を招待した」と述べた。

 ヴォルピはまた、マウロ・イカルディのコンディションに関するジャーナリストの質問にも答えた:「彼はリハビリの個別メニューを始める前の理学療法の最初の段階を終了した。再びグループに加わり、チームメイトに合流する。復帰までどれだけ時間がかかるかわかるのは、来週のイカルディのコンディションを見てからになる。他のネラッズーリと同じく、通常のプロセスに沿う。個別練習から始まり、完全なカムバックを果たす前にチームトレーニングに部分的に参加することになるだろう」

 ヴォルピは続けてナインゴランと、オランダ代表招集中に筋肉系の問題を抱えたデ・フライについても説明した:「ナインゴランは、15日ほど前にあった問題から回復している。状態は日々改善しており、我々は個別プランを終えるところだ。デ・フライに関しては、各国の代表スタッフと同様に良い関係を築けているオランダ代表ドクターから情報を得た。超音波検査では問題がなかったため、きっと疲労が原因だろう」


Versione Italiana  English Version 

Load More