2019 ICC:トルド「インテルにとってシンガポールでプレーすることは名誉だ」

2019 ICC:トルド「インテルにとってシンガポールでプレーすることは名誉だ」

 インテル・フォーエバー・ディレクターがアジアでのプレゼンテーションに登場:「ここは世界で最も美しい街の一つだ」

 シンガポール発 - インテルは2019年インターナショナル・チャンピオンズカップに出場し、7月20日にシンガポールでマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。インテル・フォーエバー・ディレクターのフランチェスコ・トルドがネラッズーリ代表者としてシンガポールで行われたICC主催のプレゼンテーションイベントに出席した。リゾート・ワールド・セントサで開催された同イベントではその他に、マンチェスター・ユナイテッドの代表者としてドワイト・ヨーク、トッテナム・ホットスパーの代表者としてテディ・シェリンガム、ユヴェントスの代表者としてファビリツィオ・ラヴァネッリが登場した。トルドのコメント:「シンガポールは世界で最も美しい街の一つだ。ここには多くの価値があり、優しい人たちがいる。インテルにとって今年のインターナショナル・チャンピオンズカップに出場できることは名誉だ。この大会期間中、我々は常に多くの愛を示してくれるファンと共にアジアで時間を過ごせる機会を得る」

 「我々にとってアジアに足を踏み入れることは重要だ。どの局面から見ても、我々は国際的なクラブだ。我々の価値はスポーツ的価値を超える。我々は遠くからインテルを追いかけるファン、物理的に近くで交流する機会が少ないファンたちと出会えることを好きだよ。我々のオーナーは蘇寧に位置する偉大なる中国の会社だ。それはこの素晴らしい大陸を近くに感じるもう一つの理由だね」

 同大会について:「インテルがICCに出場するのはこれで8回目となる。2年前に我々は優勝を果たした。我々は常に感銘的なプレーと勝利を求める。おそらく複数の選手はチームに帯同しないだろう。特にコパ・アメリカのために招集される選手はね。しかしインテルは何時でも勝利するためにプレーする。全力を尽くすよ。大事なのはプレシーズン期間中のトップチームとの対戦で我々の出来をすぐに評価することだ。世界中に繋がる大会だよ。1つのブランドとして、認知される必要がある。我々のクラブ構造は今最も高い。チームは大きく成長しており、チームの結束には最高の試合をする必要があると私は信じている。ここシンガポールで多大なるファンを抱えるユナイテッドと戦えるのは名誉だ。だがそれは彼にとっても同じことだろう。我々は同じヨーロッパサッカー最高峰に位置しており、両チームともにシーズン3冠を達成した。楽しみな試合になるはずだよ」


中文版  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana 

Load More