ICC2019:サネッティ「トップチームと相見える機会」

ICC2019:サネッティ「トップチームと相見える機会」

 2019年度のICC大会詳細発表に際してネラッズーリの副会長が発言:「インテルは大きな野心、未来へのヴィジョンを抱いたクラブだ」

 ニューヨーク発 -  本日27日(水)に行われた2019年度のインターナショナル・チャンピオンズカップ大会詳細発表に際して、ネラッズーリの副会長ハビエル・サネッティが今夏開催の同大会、またインテルが戦うことになるマンチェスター・ユナイテッド、ユヴェントスFC、トッテナムとの試合について言及した:「ICCは参加するチームにとり、とりわけ世界中のファンとクラブの距離を縮めるという点に置いて実に重要な意味合いを持つ大会だ。この大会に参加することは我々にとって非常に素晴らしい機会だ。幾つかの素晴らしい試合を戦うことになる」

 今大会では中国で初めてイタリアダービーが開催される:「素晴らしい試合になるだろう、多くのファンが足を運ぶことになる。我々両クラブ共にアジアで高い人気を誇る。アジアのファンが暖かく迎えてくれることを期待している。あそこを再び訪れるのは素晴らしい経験となるだろう」

 インターナショナル・チャンピオンズカップからサネッティは目前に控えたインテル対ラツィオ戦へと話を移した:「我々はチャンピオンズリーグ予選圏内を争っている。10試合を残し我々は直接のライバルと日曜日に対戦することになる。チームは監督と共に出来る限り盤石の態勢を整えている」

 イカルディ?「既に充分すぎるほどこの話題に触れたのではないかと思う。我々は目下サッカーに関することに集中している。10試合を残すのみとなっており、シーズン終了まで完全に集中している必要がある」

 また#DerbyMilanoで得た勢いについてサネッティは「我々はコンスタントさを欠いていたが、チームはダービーで素晴らしい返答を見せた。リーグ戦の順位という点でも決定打となる結果だった。我々は現在3位におり、これを保たねばならない」

 最後に将来的なプロジェクトの展望についても同副会長は言及している:「インテルは大きな野望を抱いた重要なクラブであり - 未来へ向けて明確なヴィジョンを持っている。我々は明確な戦略を練っている。話wれ我のブランドは世界中で認識されており、感情と普遍的な価値観を伝えることが可能だ」


Versione Italiana  中文版  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More