アイントラハト 0-0 インテル:スパレッティ「クオリティを下げる前にキャラクターを示した」

アイントラハト 0-0 インテル:スパレッティ「クオリティを下げる前にキャラクターを示した」

 UELファーストレグを終えた監督コメント:「我々は威厳を持ってプレーした。これは容易ではなく、後半は多くのミスを犯した」

 フランクフルト発 - ゴールレスドローに終わったヨーロッパリーグ・ラウンド16ファーストレグ、アイントラハト・フランクフルト戦を終え、Skyスポーツのインタビューでルチアーノ・スパレッティが以下のコメントを発した:「私は選手を賞賛したい。彼らは威厳と人格を示して戦い、試合の流れを掴んだからだ。ここでの試合は容易ではなかった。このような類の試合、90分以上にわたる次ラウンド突破への戦い。この0-0が前向きな結果であるかは、セカンドレグで決まる」

 「前半、我々はトップチームに対し優位に立ち、良い決断を下した。後半、我々のボール回しは臆病さを増し相手にミスを突かれた。クオリティを下げ、頻繁に時間稼ぎを行った。多くの競り合いに負けてしまった。それがあっても我々は良いパフォーマンスを見せたといえる」

 試合結果を左右するPKについては:「ブロゾヴィッチはペリシッチ、ラウタロ、ポリターノ同様、どう蹴るべきか熟知している。12ヤードから外すこともある。このようなタフな試合で選択を迫られた場合、決断はすぐに下されなければならない。マルセロには用意があったが成功しなかった」

 締めくくりに同監督は途中退場を強いられたペリシッチのコンディションについても言及した:「彼は内転筋に問題を抱えている。だが彼の復帰が間に合うように願っている。すぐに戻れるように祈ろう、イヴァンは非常にタフで、このような問題にうまく対処することができるだろう」


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española 

Load More