スパレッティ「一番に大事なのはインテルだ」

 今日の記者会見にて、監督は「シーズン終了時に悔いを残してはならない、チャンピオンズリーグは全員の目標だ」と力を込めた。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 – 明日4月14日晩にスタディオ・ベニート・スティルペで行われるフロジノーネ対インテル戦の前日記者会見で、ルチアーノ・スパレッティは次のように語った:「ラウタロ・マルティネスは好調だ。良いトレーニングを行い、先発で出場する準備ができている。イカルディとラウタロの2人はセンターフォワードという点では似通っているが、それぞれのキャラクターは異なる。どちらにせよ、チームは彼らに合わせて変わる必要はないし、彼らにしてもそれは同じだ。なぜならトップレベルの選手はどこでもプレーすることができるからだ」

 「数人の選手に出場停止の危険があることについて?これからシーズン終了までの間に、出場停止まであと1枚の選手にイエローカードが出される可能性はある。我々の試合は全て難しい、だからそれについて考える意味はない」

 「ナインゴランは私に対して借りなどない。1番に大事なのはインテルで、彼はそのことに集中しているはずだ」

 「シーズン終了時に悔いを残さないためにも、チャンピオンズリーグ出場権を手にしなければならない。これは全員の目標だ。我々は良いパフォーマンスをする必要があり、いかなる細部も見逃してはならない」

 「直接のライバルとの対戦に限らず、これからはすべての試合が決定打となる。勝点の計算ではなく、自分たち自身に焦点を合わせなければならない。なぜなら我々は、ここ数試合で見せたようなインテルのチームでいる必要があるからだ」


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版 

Load More