スパレッティ「大きな勝利、しかしもっと早くに試合を決めるべきだった」

 フロジノーネ戦での勝利後、ネラッズーリ監督のコメント:「非常に難しいゲームだった、勝点3を獲得したが継続して集中しないといけない」

 フロジノーネ発 - インテルは今季セリエA第32節フロジノーネ戦で3-1の勝利を獲得。長時間、ネラッズーリが試合をコントロールしたが、もっと余裕を持った試合にすべきだった。ルチアーノ・スパレッティがそのことを隠さず同試合を振り返った。

 「本当に難しいゲームで、大事な時期の重要な試合だったよ。少し自分たちの首を締めてしまった。試合を決める代わりに、失うものがないフロジノーネにチャンスを与えてしまっていたよ。自分たちで問題を作り上げた、試合全体を通して同じ成熟さを示す必要がある。我々の守備陣の強固さは最高のアドバンテージだが、もっと早く試合を終わらせるべきだったね。前線に多くの選手がいたシーンを含む、多くのチャンスを作った。そして試合を収束させる必要があったよ」

 個々の選手について:「ダンブロージオ?彼は特に動きの部分で良かった。前線に上がり過ぎず、相手陣地のファイナルサードでスペースを開けていたよ。だが前線に上がった時も良い仕事をして、先制点のクロスを供給してクオリティーの印を示した」

 「ナインゴランが改善している?今夜の彼は良かった、ランニングと球際の50:50の部分両方でだ。我々が知るナインゴランの様にプレーしたね。試合の均衡を破る最高のゴールも決めた。ボルハ・バレロの状態?彼は少し肉離れを感じていた、少し彼がチームから離脱することを恐れている」

 今季残りの強豪チームとの対戦を控えた同指揮官は意気込みを語った:「集中を決して落としてはいけない、なぜならこのレベルではすぐに問題にぶつかる可能性があるからだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版  English Version  Versión Española 

Load More