マロッタ「年ごとに改善したい」

 ネラッズーリのスポーツCEOが今日Radio Anch'ioに登場した。

 ミラノ発 - FCインテルナツィオナーレ・ミラノのスポーツCEOジュゼッペ・マロッタが今日Radio Anch'ioに登場して数多くのトピックについて話した。

 「マウロ・イカルディはインテルの財産であり、重要で貴重な存在だ。同時に世界最高峰のストライカーの1人である。我々はサッカーの原動力の一部である一つの状況を対処した。だが控室内では結束しており、全員が目標達成に集中しているよ」

 「ルチアーノ・スパレッティは非常に価値があるチーム監督だ。彼の契約は2年残っており、インテルは目標を達成しつつある - 同監督はさらに間違いなくこの職が初心者ではない。彼を信頼する必要がある、なぜなら彼は我々が予想していた通りの結果を達成しているからだ」

 ホームスタジアムに関して:「今は大事な状況だ、理由はホームスタジアムは必須の財産であり、商業的観点と帰属性の観点から見ても価値がある。毎日情熱を経験できる場所にならないといけない。スタジアム収益も重要な要素だよ」

 今後の移籍に関して:「チャン一族は年ごとに改善したいと考えている。我々はクオリティー要素と勝利のメンタリティーでチームをサポートしないといけない。そしてゴディンとの契約完了を目指しているよ。我々はポジティブなインパクトを持ち、ここにいる選手が成長するための手助けが出来る選手を探し出す必要があるね」

 最後にVAR判定に関する議論:「テクノロジーは全てのエラーを解決するためではなく、エラーを排除することを目指している。最大の困難はハンドへの判定だ。その部分には多過ぎる主観主義が存在している」


中文版  Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More