ベシーノ「集中している、インテル対ユヴェントス戦は素晴らしい機会だ」

 ウルグアイ代表MFが4月23日(火)、Skyに「僕たちはチームとして成長し、ビックマッチで常に良いパフォーマンスを出している」と語った。

 ミラノ発 - チームがトレーニングを再開したこの日、マティアス・ベシーノがSkyに目前に迫ったユヴェントス戦について語った:「土曜日はトップクラスのチームとの対戦だから、集中した状態を保たなければならない。僕たちにはこれからの数試合でチャンピオンズリーグ出場権を手に入れるチャンスがあるが、インテル対ユヴェントス戦はその鍵になる。他のチームもそれぞれ難しい対戦に臨むから、これは僕たちにとって素晴らしい機会だ。僕たちのファンが作る雰囲気でエキサイティングな試合になるだろうし、彼らに大きな幸せをプレゼントすることは大切だ」

 チームのパフォーマンスのレベルについて、ベシーノは次のように述べた:「僕たちはチームとして成長している。少し貫徹力が足りない時があり、それが違いを生み出した。振り返ってみれば、僕たちはもっと多くの勝点を獲得しておくべきだった。僕たちはビックマッチで常に良いパフォーマンスを出し、結果を出している。しかし時々、勝って当然と思われた試合で苦戦したこともある、そこを改善しなくてはならない。ラウタロは常に出場する準備が整っていることを示している。優れたチームには強いストライカーが2、3人いるものだし、僕たちもそれは同じだ。選手は全員それぞれのチャンスを活かしている。誰がピッチに立つかに関係なく、チームの目標達成が最も重要なことだ」

 ベシーノのデータは今シーズンも素晴らしいもので、本人もそのことを喜んでいる:「スタッツに関しては、僕は今シーズンに最も多くのゴールを決めているが、終了までまだ時間がある。だから記録を更新し続けたい。ゴールに関して言えば全て直観だ。攻撃のチャンスがあると感じる時は頻繁に攻撃するが、試合中の特別な瞬間に影響される。時々、攻撃よりも自分のポジションを守らなければならない時があるし、その時は他の選手は違う考えを持ち、チームのために違う動きをする必要がある」

 個人としての目標とチームとしての目標について、ベシーノはこのように語った:「達成したいと思うことは多いが、そんなに先のことは考えられない。サッカーでは常に次の試合に集中しなければならないし、僕はインテルと共にチャンピオンズリーグ出場権を手に入れたい。それが僕たちにとっての一番の目的だし、ウルグアイ代表としてはコパ・アメリカがある。この大会で優勝することは本当に大切だ。この2つの目標を達成してシーズンを終えられるように祈っている」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版  English Version  Versión Española 

Load More