BUU、コーディネーターのミーティング、インテルクラブの週末

 世界中の906のインテルクラブが同クラブを体現する。彼らはインテル対ユヴェントス戦の週末に中心的存在となった。

1/10

 ミラノ発 - インテルナツィオナーレが自身の価値と行動を示す。前節インテル対ユヴェントス戦キックオフ前、インテルクラブはスタディオ・ジュゼッペ・メアッツァで重要な役割を与えられ、世界各国のクラブメンバーの物語を語るために登場した。各大陸を表す5つのユニフォームが掲げられ、ネラッズーリサポーターの広がりを示した。

 合計906のインテルクラブがヨーロッパ(827)、アジア(17)、アメリカ(6)、アフリカ(6)、オセアニア(2)にあり、メンバー会員137,050人が世界中に存在する。先週土曜日のイベントで、各大陸代表がユニフォームとBUU(Brothers Universally United)がデザインされたマフラーを掲げてクラブの存在価値を示した。BUUはFCインテルナツィオナーレ・ミラノが継続的に全ての差別、人種差別行為に反対する意思を込めて誕生したキャンペーンである。

 インテル対ユヴェントス戦前の同イベントはネラッズーリを応援するインテルクラブにとって2日間の中で重要な瞬間の1つであった。まずインテルクラブメンバーは先週土曜日の午前中にミーティングを実施。この年一回のイベントでは今シーズンの結果の共有、来季のための新しい活動と登録キャンペーンのプレゼンテーション、クラブニュースの議論が行われた。コーポレートCEOアレッサンドロ・アントネッロも同イベントに出席:「今日、ここにいることは大事だ。昨季の結果と今後の未来について共有する時間だよ。我々に137,000人を超えるクラブメンバーがいることはエキサイティングな結果だね。この数字は我々に希望を持たせてくれる。ファンの中に最高の熱狂さが存在していると思う。インテルクラブのアクティビティ活動の運営を担っているクラブメンバーは類まれな仕事をしてくれている。彼らのために来季は何か特別なものを用意するつもりだ」

 クラブマーケティング部門責任者ルカ・ダノヴァロにとってもポジティブなイベントとなった:「我々のDNAであるインテルクラブのコーディネーターと再びここで同じ時間を過ごしている。我々はとてもハッピーだ。昨季に比べて20%のメンバーシップ増加を達成して素晴らしいシーズンとなっている。我々は既に来季について考えている、どうやってより多くのサービスとスタジアムでの活動を供給するかなどをね。クラブメンバーを引き続き増加させたいので準備を行なっていくよ」


中文版  Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More