インテル・スタスティックス:イカルディがクラブ歴代最多得点ランキングで8位になる

 同ネラッズーリFW選手はヴィエリと並ぶクラブ通算123得点を記録した。

 ミラノ発 - インテル歴代最多得点ランキングに関して重要な動きがあった。ジェノア戦でPKを決めたマウロ・イカルディがクリスティアン・ヴィエリと並ぶインテル公式戦通算123ゴール目を挙げ、同ランキングで8位に順位を上げた。これは大きな功績であり、我々に歴代TOP10を思い出せる素晴らしい機会となった。1位はインテル選手として408試合出場して284得点を奪ったジュゼッペ・メアッツァ、1試合平均得点率は0.7%である。アレッサンドロ " スピッロ " アルトベッリは466試合出場して209得点、3位のロベルト・ボニンセニャは281試合出場で171得点。これらの数字と1試合平均得点率は類を見ないほど素晴らしい。190試合出場で158得点を決めたルイージ・チェヴェニーニ III はクラブ歴代最高の1試合平均得点率の記録を持っている(0.83%)。

 イカルディはインテル選手として211試合出場、123得点、1試合平均得点率は0.58%である。ヴィエリ(190試合出場123得点)に並んだ同アルゼンチン選手の10ゴール先には7位エストヴァーン・ニエルシェの記録がある(133得点)。

1位ジュゼッペ・メアッツァ:284ゴール

2位アレッサンドロ・アルトベッッリ:209ゴール

3位ロベルト・ボニンセニャ:171ゴール

4位サンドロ・マッツォラ:160ゴール

5位ルイージ・チェヴェニーニ III :158ゴール

6位ベニト・ロレンツィ:143ゴール

7位エストヴァーン・ニエルシェ:133ゴール

8位マウロ・イカルディ & クリスティアン・ヴィエリ:123ゴール

10位エルマンノ・アエビ:106ゴール


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versión Española 

Load More