ジェノア 0-4 インテル戦の統計データ

 ネラッズーリが4-0で勝利した今季リーグ戦第30節に関連するデータを集めた。

 ミラノ発 - Opta社の協力のもと、3日(水)夜に行われたジェノア対インテル戦の統計データを紹介する。

 ・インテルがセリエAの敵地ジェノア戦で勝利したのは2011年12月以来初。

 ・ジェノアはセリエA直近4試合で3敗、それまでの12試合と同じ敗戦数。

 ・セリエAで109日ぶりのゴールを奪ったイカルディは2018年9月のフィオレンティーナ戦以来初の1試合1得点1アシストを記録した。

 ・ハンダノヴィッチはセリエA通算150回目のクリーンシートを達成。

 ・イカルディはセリエA直近7季のうち6季(直近5季を含む)で10得点以上を決めた。

 ・インテル選手としてイカルディはセリエA直近10試合(試合会場:フェッラーリス)で10得点に絡んでいる(8得点2アシスト)。

 ・イカルディはインテル選手として公式戦通算123得点目を奪い、クリスティアン・ヴィエリと並んだ(クラブ史上8番目の得点数)。

 ・ペリシッチはリーグ戦直近4得点全てをアウェイ戦で決めている。

 ・ガリアルディーニの2得点目は今季セリエAで800得点目となった。

 ・ガリアルディーニはセリエA通算7得点のうち4ゴールをジェノア戦で決めている(同リーグ戦2度のドッピエッタを含む)。


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version  中文版 

Load More