インテル 0-0 アタランタ戦の統計データ

インテル 0-0 アタランタ戦の統計データ

 今季セリエA第31節インテル対アタランタ戦のスタッツをまとめた。

 ミラノ発 - Opta社の協力のもと、今季セリエA第31節インテル対アタランタ戦の重要なデータを集めた。

 ・今季リーグ戦でユヴェントス(16回)だけがインテル(15回)より多いクリーンシートを達成している。

 ・2018-19シーズンヨーロッパ5大リーグの中でアトレティコ・マドリードとリール(両チームと5失点)だけがインテル(8失点)より前半45分間での失点が少ない。

 ・今季リーグ戦でユヴェントス(3試合)だけがインテル(6試合)より引き分け数が少ない。

 ・アタランタは2016年12月(サン・シーロ、対ACミラン戦)以来初となるアウェイのリーグ戦でのゴールレスドロー。

 ・インテルが今季リーグ戦でスコアレスドローを演じたのは今年1月のサッスオーロ戦(サン・シーロ)。

 ・今季セリエAでアタランタは初となる枠内シュート本数0で試合を終えた。

 ・ブロゾヴィッチはインテル選手として公式戦150試合出場を達成。

 ・ポリターノはアタランタ戦で合計4本のシュートを放った。同試合に出場した全選手より少なくとも2倍以上の数。


Versi Bahasa Indonesia  English Version  中文版  Versión Española  Versione Italiana 

Load More