インテル・ホール・オブ・フェーム:ジュゼッペ・メアッツァ

 2018年のロナウドに続き、ネラッズーリ史上最高のゴールスコアラーの番が訪れた。

 ミラノ発 - ジュゼッペ・メアッツァがFCインテルナツィオナーレ・ミラノ・ホール・オブ・フェームの仲間入りを果たした。ワルテル・ツェンガ、ハビエル・サネッティ、ローター・マテウス、ロナウドが2018年に初めてクラブ殿堂入り選手となり、今年はメアッツァがフランチェスコ・トルド、ジャチント・ファッケッティ、デヤン・スタンコヴィッチと共に同レジェンドグループの仲間入りをする。1979年にこの世を去ったジュゼッペ・メアッツァのキャリアの物語はこちら:

 ジュゼッペ・メアッツァが控室に入った時、彼のチームメイトは驚き、少し腹を立てた:「自分たちもバリッラの子供たちにプレーさせないといけないのか?」当時は1927年、彼らはまだアルパド・ワイズの直感的背景にある理由を理解せず、当時まだ17歳のこの少年がインテルとイタリア史上最高の偉大な選手の1人になるとは知る由もなかった。

 ミラノのポルタ・ヴィットーリアで彼はペッピンと呼ばれ、その他の人にとってはジュゼッペ・メアッツァだった。彼は誰もが憧れた最初のサッカー選手の象徴となる。ピッチ上で彼を打ち負かすことはできず、予測不能な本物のモンスター、ピッチ外ではスタイリッシュな象徴。1930年のブダペストでイタリア代表がハンガリー代表を下した試合で活躍した彼を25,000人がミラノ駅で待ち構えていた。

 彼は一流選手でシュートに秀でおり、同時にゴールへのユニークな眼力を兼ね備えていた。「本職はセンターフォワードだが、やむを得ずメッツァーラ(4-3-3時のサイドMF)だ」彼のコントロール能力はデリケートで精確。このスキルが彼を攻撃的プレーメーカーとしても躍動させた。しかし彼の生粋の天性は得点能力の高さであり、どちらの足からもゴールを奪った。偉大な選手だけに起きる現象があり、メアッツァの場合は独自のトレードマークとなった " gol a invito " である:相手GKを抜き去り、無人のゴールに何事もなかったかの様にボールを流し込む得点。

 彼はクラブ史の中で先駆者であり、最高のゴールスコアラーだった:インテル選手として通算408試合出場284ゴール。14シーズンをネラッズーリで過ごして、スクデット(2)、コッパ・イタリア(1)を獲得、加えて9年間インテル主将を務めた。メアッツァの功績を讃えてサン・シーロに彼の名前が付けられたのは当然の成り行きだった。ジュゼッペ・メアッツァは頻繁に " 史上最高 " と称される。それはネラッズーリファンだけではなく、イタリア代表サポーターにもだ - W杯2連覇達成(1934年、1938年)。

 ペッピンがドリブル、ゴール、インテルファンのために夢を実現すると同時に、「メアッツァのようになりたい」というフレーズは子供たちの中で何度も叫ばれていた。間違いなく、ジュゼッペ・メアッツァは全員が称賛する眩い遺産を残したのだ。


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版 

Load More