インテル・ホール・オブ・フェーム:フランチェスコ・トルド

 2018年のワルテル・ツェンガに続いて元GK選手の同氏がクラブ殿堂入りを果たした。

 ミラノ発 – フランチェスコ・トルドがFCインテルナツィオナーレ・ミラノ殿堂入り(Hall of Fame)を果たす。ワルテル・ツェンガ、ハビエル・サネッティ、ローター・マテウス、ロナウドが2018年に初めてクラブ殿堂入り選手となり、今年はトルドがジャチント・ファッケッティ、デヤン・スタンコヴィッチ、ジュゼッペ・メアッツァと共に同レジェンドグループの仲間入りをする。フランチェスコ・トルドに関する物語はこちら:

 偉大なる力で多大なる責任が生まれる。スパイダーマンを言及する時、2018年にインテルのホール・オブ・フェームに名を記したワルテル・ツェンガへのインテル独自の見解が正しい。GK選手はチームの中で最高の力を持ち、フランチェスコ・トルドはクラブ史の中で最も成功に満ちた瞬間を何度も経験した。そして今、同氏はクラブ殿堂入りを果たす。フランチェスコは全てを掴み取る大きな両手を持つ、体と心が大きい人間だった。ヴェネトの川で手を使って遊んでいた少年はまず壁に向かって蹴られるボールをその手でセーブすることを試みた。彼は何時でも家族と愛する人たちを念頭に置きながら情熱、献身性、覚悟を持っていたのだ。

 2001年にフランチェスコ・トルドはネラッズーリファミリーの一員になり、チームを絶対に去ることはなかった。トルドは9シーズンをインテルで過ごし、目の前にやって来るすべてを弾いたり、ブロックしたり、止めるために自分の巨大な両手を駆使した。未だにエスタディオ・デ・メスタージャの夜の悪夢に苦しむバレンシアファンに尋ねればいい。その夜、トルドからゴールを奪うことは不可能だった。完璧なパフォーマンスを目指していた彼は落ち着いて自分に厳しく、チームメイトには平穏でポジティブな態度で接した。あるインテル対ユヴェントス戦で試合終了直前の右CKのチャンス時にゴール前に上がって来たトルドがゴールを決めて、全インテリスタを狂喜させた。そして試合後、彼は同ゴールはヴィエリが最後に触ったと公式に発表した。「彼は得点ランキング首位でフィニッシュするためにあのゴールが必要だった」

 彼の寛大な人柄はインテル選手として多数の優勝トロフィー獲得として報われる:セリエA優勝5回、チャンピオンズリーグ優勝1回、コッパ・イタリア優勝3回、スーパーコッパ・イタリア優勝3回。トルドとインテルの結びつきは3冠を達成した翌年2010年に彼が現役を引退をしたとしても、離れることはなかった。まず、トルドはインテル・キャンパスで役割を担った。現在はインテル・フォーエバーのディレクターとネラッズーリを代表するアンバサダーとして活躍している。「一度インテリスタになったら、ずっとインテリスタだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  English Version  中文版 

Load More