スパレッティ「冷静さを失わずうまく試合を行えた」

 キエーヴォ・ヴェローナ戦後の監督コメント:「この段階での試合はどれも難しい、我々は組織を崩さず賢い決断を下さねばならない」

 ミラノ発 - ルチアーノ・スパレッティは試合後「我々は落ち着いた精神力を見せ、混乱に陥ることなく堅牢な守備を見せた」と語り、「相手の守備を崩せず無理をすることでバランスを失う危険があった。我々は組織を崩すことなく、我々が行うべき試合運びを見せ、多くの好機を作り出した」とポリターノとペリシッチのゴールにより勝利を収めたキエーヴォ・ヴェローナ戦を分析した。

 「これらの試合は決して容易ではない。我々はボールを頻繁に動かし、キエーヴォ・ヴェローナがピッチ上で見せた姿勢と士気により後方へパスを回すことを強いられた。プレッシングという点では我々は決して素晴らしくはなく、自分たちのプレーの幾つかで正しいテンポを保てなかった。我々はこの点でもっと良いプレーができるだろう。ナポリ戦は違った試合になる。もっとオープンでスペースのある試合になるだろう。我々は自分たちが作り出したチャンスを活かし、相手に痛手を負わせるプレーに徹せねばならない」

 同監督は「今季、我々はそれ予測していたためチームとして大崩れすることはなかった。違った結果を出せたはずの試合もあったが、過去に比べて我々は成熟している」とインタビューを締めくくった。


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版  Versión Española 

Load More