ホール・オブ・フェーム:素晴らしい夜

 5月13日に行われたFCインテルナツィオナーレ・ミラノの栄えあるセレモニーの出席者の挨拶を紹介する。

 ミラノ発 – 素晴らしい夜に4人の元インテル選手がインテル・ホーム・オブ・フェームに迎え入れられた。インテル対キエーヴォ・ヴェローナ戦開始前のサン・シーロのピッチで、FCインテルナツィオナーレ・ミラノの歴史に特別な貢献をした4人のネラッズーリ・レジェンドの表彰が行われた。

 セレモニーでは、招待されたレジェンドがスタディオ・メアッツァに集まった60,000人のファンの前でインテルTVに心境を語った。最初に登場したのはGKカテゴリーで2019年の殿堂入り選手に選ばれたフランチェスコ・トルドだ:「観客の歓声の中、サン・シーロのピッチでこの賞を受けられて本当に感動している。ホール・オブ・フェームに選ばれたことは私にとって名誉なことだ。デヤン・スタンコヴィッチとは共に素晴らしい試合を経験し、信じがたい勝利を果たした。ジャチント・ファッケッティは私がここにいた時にクラブ会長で、私をインテルに迎え入れてくれた。メアッツァのこともよく覚えている。ピッチに入った時に観客と彼らから向けられる愛情に大変感激した。この夜のことはいつまでも私の心に残るだろう」

 ルカ・ファッケッティとバルバラ・ファッケッティはジャチントの代理として授賞式に参加した:「父の名の下にこの賞を受け取ることは素晴らしいサプライズだ。ネラッズーリの歴史に残る偉大な選手の1人として認められたことを、父もきっととても嬉しく光栄に思うに違いない。父が今日、同じ時代を築いた人々と共に表彰されることは素敵なことだ。彼らには繋がりがある。1958年にメアッツァが彼をインテルに導き、その後信じられないようなサイクルが始まった:エレニオ・エレーラ率いるグランデ・インテルでプレーした選手としてのキャリア、その後のディレクター、そして会長としてのキャリア。スタンコヴィッチとトルドとはこの時期に関係した。だからこそ、父が今殿堂入りしたことは素晴らしい。そして最も素晴らしいことは、ファンが父に投票してくれたことだ。多くのファンはプレーする彼の姿を見たことがなかっただろう、つまり様々なストーリーや思い出が世代を超えて語り継がれているということになる。父の思い出は残り続け、父は我々と共にここにある ― 本当に素晴らしいことだ」

 ローター・マテウスが殿堂入り選手となった一年後にMFとしてインテル・ホール・オブ・フェームに選ばれたのはデヤン・スタンコヴィッチだ:「このように重要な賞を受賞することになり、何を言うべきか何度も考えた。インテルで10年間プレーし、これほど多くの勝利とトロフィーを手にした。これはただただ名誉なことだ。今晩、昔のような気持ちを味わうことができた。チームメイトと共に数々の熱戦を経験したピッチからファンに挨拶をする時、私が永遠にネラッズーリ・カラーと結びついていることを光栄に思う。去年はローター・マテウスがこの賞に輝いたが、彼はまだ若かった私にとってアイドルの1人だった。1998年のフランス・ワールドカップで彼と対戦できただけでも幸せだった。このカラーを身に着けて、毎日そして毎試合インテルのためにプレーする機会を与えられたことに対して感謝したい」

 セレモニーの最後に表彰されたのはジュゼッペ・メアッツァで、ジュゼッペの代理として孫のフェデリコ・ヤゼリ・メアッツァが挨拶を行った:「祖父の受賞は大変な名誉だ、とても言葉で言い表せない。祖父の名に拍手してくれたファンに感謝したい、他に例えようのない感情だ。時が経つにつれ忘れられることはある、しかしとても若いファンも祖父にこの栄誉を与えたいと望んでくれた。そのことをとても嬉しく思うし、心から感謝する」


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版 

Load More