FCインテルナツィオナーレ・ミラノの公式声明

 クラブは2015年5月に締結された和解協定の累積損益分岐点に達し、同協定から離脱することとなった。

  ミラノ発 – UEFAクラブ・ファイナンシャル・コントロール機関の調査委員会は5月17日(金)、2018年6月30日までの前年度の審査の結果、F.C.インテルナツィオナーレ・ミラノが2015年5月に締結された和解協定の累積損益分岐点に達したため、同協定からの離脱が認められたと通達した。

 これによって、近年クラブが課された規定を守りながらも組織の安定、経済力の向上、そしてクラブの成長を成し遂げたことが示された。

 クラブが今後もUEFAファイナンシャル・フェアプレー規則を遵守し、直近の会計年度と同様に厳格な財務管理を継続することは重要だ。


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版  English Version  Versión Española 

Load More