スパレッティ「酷かったが、まだ運命は我々の手の中だ」

スパレッティ「酷かったが、まだ運命は我々の手の中だ」

 ナポリ対インテル戦後のネラッズーリ指揮官のコメント:「ナポリの先制ゴール後に多過ぎるミスを犯した。エンポリ戦がファイナルだ、しっかりとした内容を披露する必要がある」

 ナポリ発 - サン・パオロでの今季セリエA第37節はインテルにとって苦い試合になった。ネラッズーリはナポリ相手に4-1の敗北を喫した。同試合後にルチアーノ・スパレッティがコメントした:「悪い試合の入り方はしなかったが、深い位置からビルドアップする時に技術的なミスを犯した。ナポリの先制弾も我々のミスから生まれ、そこから我々は良いボール回しをしなくなったね。ナポリは激しいプレスを我々に与え、他の試合に比べると試合内容は悪かったよ。後半は2トップにして違ったことを試みたが、ナポリがさらにポゼッションを強めて、オープンスペースを見つけ出し、運動量も増やしていた」

 「このようなパフォーマンス時、フィールド全体でミスが生み出され、問題はチームの一部だけではなくなる。我々は失点を喫したミスを犯したよ。多過ぎるパスミスをして、チャンスを活かす時に運がなかった。試合が間延びし始めたら、ナポリは我々より強いことを示していたね」

 ネラッズーリにとって、ホームでの今季リーグ戦最終節は運命を左右する一戦になる:「我々にとってファイナルだ。プレーする準備をしないといけない。物事を判断する術を知っている選手たちの落ち着きを保つ必要がある。今夜のチームは酷かったが、運命は我々の手の中にあるんだ。勝利するためにピッチへ出向かないといけないよ。なぜなら最終節は我々にとって極めて重要な試合だ、我々はCL出場圏から落ちる可能性もある。インテルが持つべき内容、落ち着き、力を兼ね備えといけない。もしこのユニフォームを着るなら、この様な種類のプレッシャーに耐える術を知っておかないとダメだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  中文版  English Version 

Load More