ガブリエレ・オリアリがFCインテルナツィオナーレ・ミラノのファーストチームのテクニカルマネージャーに就任

 オリアリがインテルに戻り、2022年6月30日までの契約にサインを済ませた。

 ミラノ発 - ガブリエレ・オリアリがインテルに戻り、2019年7月1日にファーストチームのテクニカルマネージャーに就任する。

 計28年間をネラッズーリのために費やしたオリアリとインテルの関係は切っても切れないものだ。オリアリが初めてクラブのアカデミーに入ったのは1965年。当時オリアリは13歳の少年だった。その後各年代チームでの育成を受け、17歳でプロチームデビューを果たしたオリアリは主に守備的MFとしてプレーしたが驚くほど多様な才能を見せ、インテル選手として公式戦392試合に出場して43ゴールを決めると、2度のスクデット獲得と2度のコッパ・イタリア優勝を果たした。またオリアリは1982年にW杯チャンピオンとなったイタリア代表の主力選手の1人だった。

 献身、不屈の精神、情熱:これらがオリアリの成功の秘訣だ。

 この性質は、現役引退後のキャリアにおいてもオリアリの特徴となった。ボローニャとパルマでの職務を経て、オリアリは1999年に再びディレクターとして再びインテルに戻って来た。しかしオフィスに籠ることはなく、常に現地で物事に携わることを優先した。常にチームと密接な関係にあり、スクデット獲得5回、チャンピオンズリーグ優勝1回、コッパ・イタリア優勝3回、スーペルコッパ・イタリアーナ優勝3回という素晴らしい成果を出した。

 そして今、オリアリはインテルに戻り、ネラッズーリとしての新たな冒険を楽しみにしている。おかえりなさい、レレ!


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version  中文版  Versión Española 

Load More