ラウタロが先制点を挙げ、アルゼンチンがコパ・アメリカ準決勝進出

ラウタロが先制点を挙げ、アルゼンチンがコパ・アメリカ準決勝進出

 アルゼンチン代表はネラッズーリのストライカーが先制点を挙げベネズエラ代表を2-0で撃破

 リオ・デ・ジャネイロ発 - ラウタロ・マルティネスが28日(金)の夜に行われた2019年度コパ・アメリカの準々決勝となる対ベネズエラ戦で再び得点を記録した。64分に交代出場を果たした同FWは、CKを素晴らしいヒールキックで押し込み先制、マラカナン・スタジアムで続いた試合の均衡を破ると、ロ・チェストがその後追加点を挙げ、アルゼンチン代表が2-0で勝利を収めた。この勝利によりアルゼンチン代表は準決勝進出を決めた。同代表の次なる対戦相手はパラグアイとのPK戦を制しベスト4入りを果たしたジョアン・ミランダ擁するブラジル代表となっている。


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española  中文版 

Load More