ディエゴ・ゴディンがインテル加入

ディエゴ・ゴディンがインテル加入

ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンがインテルと2022年6月30日までの契約にサインした。 

 ミラノ発 – FCインテルナツィオナーレ・ミラノはディエゴ・ゴディンと2022年6月30日までの契約成立を公表する。

 1986年2月16日にウルグアイで生まれたディエゴ・ゴディン(身長186㎝)は、地元ロサリオで17歳の時にプロデビューを果たす。

 ユース時代はモンテヴィデオでプレーしていたゴディンはディフェンダーとしての才能を開花し、セロで3シーズンをプレー。2006-7シーズンに強豪ナシオナルへ移籍すると、それから舞台を欧州へと移してビジャレアルに加入。2010年にはアトレティコ・マドリードと契約を結んだ。

 ピッチ上ではその体格から空中戦を支配。アトレティコでもキープレーヤーとしての地位を固め、ディフェンスリーダーとしてサポーターに愛された。2013-14シーズンにはバルセロナ戦との最終節でゴールを決めチームを優勝へ導く。また、コパ・デル・レイ、スーパーカップ、UEFAスーパーカップ3回、ヨーロッパリーグ2回という数々のタイトルを獲得している。

 ウルグアイ代表としても現役で活躍中で、これまでに国際舞台で131キャップ8ゴールを記録。2011年にはコパ・アメリカで優勝を果たした。

 そしてこれから同選手の高い身体能力、豊富な経験、そして高いキャプテンシーがインテルに加わることになる。


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versione Italiana  Versión Española  中文版 

Load More