ジュリオ・セザール「ここにいれて最高だ」

 元ネラッズーリGK:「このシーズンの時期に強豪チームと戦えるのはポジティブな要素だ」

 ラノ発 - チームとシンガポールへと飛び立った後、ネラッズーリレジェンドのジュリオ・セザールはインテル・フォーエバープロジェクトの一員として活動している。同氏がインテルTVに向けてアジアでの時間について語った:「シンガポールに来るのは初めてだ。招待してくれたインテルには感謝している。選手としてプレーした時の良い記憶は常に残っている。今はチームと帯同して、今季に向けて良い運気を与えられると良いね。シンガポールは本当に美しい街だ。いつか妻と一緒に再訪できることを願っている」

 今夏サマーツアー最初の親善試合はマンチェスター・ユナイテッド戦(7月20日)、その翌週にはICC第2戦目のユヴェントス戦が控えている。「シーズンに向けた準備期間中に強豪チームと顔を合わせることはポジティブな要素だ。同2チームとの対戦で期待に応えるのは良い決断だよ。新監督コンテにとっても、リーグ戦とその他の大会が始まる前により多くのアイディアを得られる良い機会だ」

 フィリプ・スタンコヴィッチの父親と一緒にプレーした同ブラジル人は同若手選手について語った:「デキとも話したけど、フィリプのプレーレベルを聞いて驚いたよ。彼を知った時、彼はまだ息子と一緒にサッカーをしていた男の子だった。彼の成長が見れて嬉しいね。自分にとってはデキは友達であり兄弟だ。フィリプがインテルユニフォームを着用して輝いているのを見るのは素晴らしい」

 最後にチームに向けてメッセージ:「チーム全員に今季の健闘を祈るよ。自分も頑張るつもりだ」


English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

Load More