ICC 2019:コンテ「重要な何かを構築したい」

ICC 2019:コンテ「重要な何かを構築したい」

 ユヴェントス戦前日記者会見で同ネラッズーリ監督がコメントした:「複数のコンセプトの改善に取り組んでいる」

 南京発 – マンチェスター・ユナイテッド戦を終えたインテルはこれからインターナショナル・チャンピオンズカップ2019第2戦目に臨む。ネラッズーリは南京のオリンピック・スポーツセンター・スタジアムでユヴェントスと対戦する。その試合前日記者会見でアントニオ・コンテがコメントを残した:「このようなタイプの試合をプレーするにつれ、よりコンセプトが理解できる。そして我々はポジティブな部分を明白にして、ネガティブな要素の改善を目指しているよ。このような試合は私がチームに浸透させたいコンセプトの強化につながるはずだ」

 ネラッズーリが中国に到着し、チームは極めて温かい歓迎を受けた:「ここ中国で認知されているのが嬉しい。私にとって誇りの源だ。私のニックネームの意味は、私がすごくダイレクトだって?選手とファンに真っ直ぐ、直接伝えることはポジティブで重要だと思う」

 数日前にチームに合流したゴディンとベシーノの状況について:「マティアスは筋肉の怪我を抱えて戻って来た。彼はリカバリーの段階だ。しかし彼の怪我が重傷じゃないとしても、我々はリカバリー時期についてとても注意を払っている。ディエゴは我々と練習を開始した。彼らは偉大なる選手で、彼らを指導下に置けるのが嬉しいね」

 「移籍市場とそれに関連する選手については、フィールド上だけでなく、全てを考慮した上でインテルのためになる決断が下されると思う。クラブをいるべき場所へ戻すための強固な基盤を作るには時間を必要だ。クラブの新オーナーが実行した変化を見れば分かるだろう。イングランドでの経験が私のプロキャリアを豊かにしたが、今はイタリアに戻り、最も重要なチームの一つを率いることができて喜んでいる」

 明日の試合について:「ユヴェントスとの親善試合は重要だ。現在、我々は準備段階だが良いパフォーマンスを目指している。ただ結果以上に改善した部分があることを願っている。細かく言えば、私がユヴェントスを離れてから最初の同チームとの対戦だね。アレッツォとアタランタでも同じようなことが以前起きた。言うまでもないけど、これが人間的なリアクションを呼び起こすのは当然なことだ。同時にユヴェントスは我々の対戦相手だと知っているし、我々は勝つために何でもするよ。最初は確かな感情を呼び起こすが、試合が始まれば全員が勝利を目指す」

 「現時点でプレミアリーグは最も素晴らしく、リーグタイトル獲得レースとリーグ優勝達成が最も困難なリーグだ。異常な競争力があるリーグで、優勝争いをするチームが6チーム存在する。イングランドはとても、とてもタイトル獲得が難しい。イタリアリーグは昔のレベルに戻りつつある。それは本当に大事だ。すべての観点から見ても改善がある。インフラに関してもね。私がここにいること?はユヴェントスと連絡を取っていないし、電話も受けていない。常にインテルは大きな興味と愛情を私に示していた 。だからここで重要な何かを築き上げる最高の責任感を感じているよ」


Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española  中文版  Versione Italiana 

Load More