ジュゼッペ・マロッタ「勝利のプロジェクトのための人材を見極める」

ジュゼッペ・マロッタ「勝利のプロジェクトのための人材を見極める」

 2019-20シーズン最初の記者会見で、ネラッズーリのスポーツCEOが「クラブと選手が同じ価値を共有することを望む」と述べた。

 ミラノ発 - インテルの新しいヘッドオフィスにて、ジュゼッペ・マロッタがネラッズーリの2019-20シーズンに関するジャーナリストの質問に答えた:「我々が和解協定から離脱したという事実は、未来にとって良いサインだ。これによってクラブの構造とマネージメントが良く機能していることが示された。アレッサンドロ・アントネッロとピエロ・アウジリオをはじめとする経営陣に感謝する。これから我々は再び歩みを進め、このプロジェクトのために尽力する人物を選ぶことができる。重要なことが成し遂げられてこそ、目標を達成することができる。価値はハードワークの文化であり、規律と秩序、尊重と結びついている。二つ目は勝利の文化で、これを我々は共に取り戻さなければならない。そして三つ目はこのユニフォームとクラブカラーを愛する帰属意識だ」

 「人員に関しては、我々が既に誰を獲得しているかを強調したい。私の隣にはアントニオ・コンテが座っている。監督の役割は、クラブのサポートと共に彼が提供できる全ての基本となる。彼が選手、そして監督として成し遂げてきたことを考慮しなければならない。彼は、私が先ほど言及し、クラブ全体と選手たちに広めたい全ての価値を持ち合わせている。これによって我々はファンに素晴らしい成功を贈ることができる」

 「アイディアはピエロ・アウジリオとアレッサンドロ・アントネッロ、そして会長によってシェアされた。特にその勝利の経験によって、彼こそこのクラブにとって歴史的な瞬間に監督となる理想的な人物だと、我々は信じている。それに関して何の疑いもなかったし、他の監督を探しもしなかった。シーズンが終わった後に何度か話し合いを行い、その後契約に至った。この野心的なプロジェクトに関しては我々全員が迅速だった。ある特別な動機に基づくアイディアを共有したが、そのために我々が必要とした理想的な候補者がコンテだった」

 「移籍交渉に関しては現在進行中だ。ピエロ・アウジリオが中心になって動いており、私は彼と共に競争力の高いチームを作り上げようと試みている。経営陣は健全なバランスを保ちながらも、野心的な目標を掲げている。我々はコンテが望む選手を知っているし、その獲得に向けて努力している。しかし移籍交渉には忍耐がつきものだし、急いで物事を進めたくはない」

 「プロジェクトを進めるのに必要な人物を見極めなければならない。クラブの全ての要素に合うように決断は下される。それが時には痛みを伴うものであったとしても。我々は選手を尊重し、彼らが我々の財産であることを考慮しなければならない。決断する時は勇気が必要になる。これが我々が選手に関して決めたことであり、2人のプロフェッショナルに対して敬意を損なわないように行った。これを公表することはこの世界の一部であり、彼らは我々とトレーニングを続けるし、我々は彼らの権利と我々の義務を尊重する。今のところイカルディのユヴェントスへの移籍は予定していない、そのための条件が整っていないからだ。実際に起こりうることについてだけ話すのがいいと思う、今ディバラとのトレードについて考えるのは現実的ではない。彼は素晴らしい選手だが、我々はトレードは考えていない。何が起こるか、移籍市場を観察するつもりだ」

 「バレッラ?我々は2人の人物による評価を読んだし、そのどちらにも敬意を抱いてはいるが、彼らの意見に完全に同意することはできない。交渉人は選手の価値に相応しい金額を設定する権利があるし、これは交渉のプロセスの一部だ。市場の動静に対応しなければならず、忍耐が要求される。我々は現在、売り手が買い手よりも優位に立とうとするチェスのようなシナリオの中にいるようだ。ジェコは我々が注目している選手のうちの1人であり、彼自身移籍の意志を示しているが、それだけであまり大きな意味はない。我々のパラメーターを尊重し、合理的に行う。現在の我々はまだ途中の段階だ」

 「私がここに来た時、既に優れた経営陣がクラブにあり、彼らと共に仕事を始めた。限界を引き上げるという願いをシェアし、今日のクラブが勝者のメンタリティーを擁するために欠かせない、人として優れ、意欲を高めるクオリティーをもたらすことが私の仕事だ。これは技術的な部分だけでなく、あらゆる面で必要とされる。同僚のアレッサンドロと共に、勝利のプロジェクトを定める人材を選択するという課題に取り組む。素晴らしい未来になると確信している」

 「素晴らしいディレクターであるレレ・オリアリへの歓迎の挨拶で、この重要な会見を締めくくりたい。彼がインテルに戻って来たことは、我々全員にとって良い意味を持つ」


English Version  Versión Española  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More