コンテ「選手たちは決して諦めない、これが正しいメンタリティーだ」

 勝利したバレンシア戦後のネラッズーリ監督:「改善するためにハードワークしている」

 バレンシア発 - フィジカルの仕上がりが優っていた強豪チームをPK戦の末に下す:アントニオ・コンテはバレンシア戦でチームが披露したパフォーマンスに満足していた。同試合後、ネラッズーリ指揮官がインテルTVでコメントした:「長期政権の監督がいる強豪チームとの試合は難しく、重要だったよ。例えば昨季の彼らはコパ・デル・レイ決勝でバルセロナを倒したね」

 「選手のパフォーマンスはポジティブだった。彼らは諦めないという姿勢を再び示したからだ。彼らは敗北でこの試合を終えることを望んでいなかった。我々のメンタリティーで言えば、非常にポジティブである。彼らにはもっと良いプレーが出来ると言っているが、改善するためにハードワークしているよ。彼らは少し疲弊している。なぜなら戦術とフィジカルの視点から見れば、迅速に調子を上げないといけない。今夜は我々の成長段階の中で新たな前進だったと思う」

 個々の選手について:「ラウタロとポリターノの2トップで起用したのは今夏初めてだった。ラウタロはまだチームと一緒に練習して数日しか経っていないが、彼は献身さ、やる気を示している。マッテオは怪我の問題があった。彼ら2人と他全員もそうだが、私が攻撃時に求めるメカニズムに慣れる必要があるよ。途中出場で良い仕事をしたエスポージトとチームを助けたロンゴに関しては嬉しい」

 最後にルカクについて:「彼もハードワークが必要で、フィジカルの部分と我々が取り組んでいる物事へのやり方に慣れる部分だ。彼は間違いなく素晴らしい新加入選手であり、我々は喜んでいる。彼は多大なるやる気と準備へのコミットメントを示すはずさ」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  English Version  中文版 

Load More