コンテ「インテルに300%集中している」

コンテ「インテルに300%集中している」

 レッチェ戦4-0での勝利後のネラッズーリ指揮官:「改善が必要だが、彼らには成長する多くの改善余地がある。この熱意を失いたくない」

 ミラノ発 - 2019-20シーズン・セリエA第1節レッチェ戦でインテルは4-0の勝利を収め、アントニオ・コンテにとってこの上ないデビュー戦となっただろう。

 同インテル監督は浮足だたず、すぐに意識を改善可能な部分に向けた:「試合の瞬間瞬間をより上手く対処して一貫性を持つ必要があるね。とても力強い試合の入り方で、前半は数多くのチャンスを作ったがハーフタイム前に少し結束力を欠いた。後半序盤は試合のコントロールを取り戻すまで少し間延びしていた。しかし間違いなく改善する要素があるのが嬉しい。なぜなら我々は特定の時間帯でしか、納得いくプレーをしていないからだ。時折ゲームをコントロールするのではなく、自制心を失ってしまう。我々は成熟になることが可能で、その必要があるよ」

 「練習グランドに行き、選手のグループを見た時、私は彼らとの仕事が嬉しいんだ。彼らはこのようなサッカーをプレーする特性を持っている。改善する必要はあるが、まだ我々は1ヶ月半しか共に仕事をしていない。大事なのは各選手が集団的プレーアイディアを理解することだ。私のサッカーの考え方は、個人プレーに関するものではなく、全員がトレーニングでしっかり取り組まないといけない。 選手たちはこれを行なっており、結果として今夜のような試合があったら嬉しいね。 このグループには多くの改善の余地が存在し、 私はここで素晴らしい選手たちを見つけた。彼らは自分たちを起用可能な状態にしており、監督にとってこれはただ嬉しいことである」

 最後にサポーターとの関係性について:「エモーショナルな瞬間だったが、反応は非常に自然だった。新しい旅を始めた時、その環境に打ち勝ちたいと思う。だが私は常に自分の全力を出す。練習でも試合でもだ。私は引き受けた仕事に絶対的な努力を注ぐから、インテルに300%集中しているよ。ファンが喜んでくれて嬉しい。我々の周りにあるこの全ての熱意を失いたくないんだ」


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版  English Version  Versione Italiana 

Load More