ビラーギ「戻れて嬉しい。ずっとインテリスタだった」

 ビラーギの初コメント:「戻るには良い時期だった」

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - 加入が公式発表された後、クリスティアーノ・ビラーギが2度目のインテル選手になったことを話した。2010-11シーズンのチャンピオンズリーグでネラッズーリデビューを飾った同左SB選手はフィオレンティーナから加入して、インテル再加入の感想を明かした:「良い時期にインテルに戻ったと思う。サッカー内外で僕は成熟した。僕はこの偉大なるチームに貢献できる必要なレベルに達したと信じているよ。今、ここに留まれることを証明しないといけない、でもその準備はできている」

 インテルはビラーギの運命の中にあった。同選手はインテリスタと成長し、ネラッズーリ・エリートアカデミーからトップチームデビューを果たした。「僕はネラッズーリファンの家族の出身だ。家族は僕にこの情熱を渡してくれたよ。子供の頃から、僕の夢はインテルユニフォームを着用してプレーすることだった。まずユースチームに入り、9年前にトップチームデビューを実現したんだ。でも当時の僕はプリマヴェーラチームから招集された子供だった。あのレベルでプレーする準備はできてなかったね。僕は多くの経験を積んで成長して、今ここに戻った」

 再加入以降すぐに同選手はインテルにポジティブな印象を受けた:「本物の大きな目標を掲げている真面目な環境があると分かった。全員がインテルを相応しい場所に戻すためのハードワークをしている。クラブとチームからはトロフィーを勝ち取りたいという意気込みを見てとれた」

 今後ビラーギは初めてチームと練習を行う:「すぐにチームのメカニズムにフィットするように頑張るつもりだ。レッチェ戦とプレーのインテンシティーは見たよ。良い仕事をすれば、インテンシティーを持ってピッチ上で体現できる」

 「新加入選手は国際的だ、彼らは異なるリーグ、国際的なサッカー界で活躍しているのでチームの基準を上げれるね。質が上がれば、結果的に練習での基準が上昇する。そして日曜日の試合で全てがより容易になるんだ」


English Version  中文版  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

Load More